ふるもりポポピアノの掟・・・お月謝袋編

2012 9月 11 お月謝, レッスンの風景 , , , 6 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by プリンセス・ポポちゃん



音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






ふるもりポポピアノには、
いくつかのオキテがあります。

 


その中で、お月謝袋について・・・・お話します。

 

 

 

 

お教室では、毎月お月謝袋をお渡しして、
その中にお月謝を入れて、持ってきて頂きます。

 

 

以前、一度銀行振り込みに対応したこともあったのですが、
あれは、失敗でした・・・・
なんでも、「自動」にすりゃ~いいってもんじゃありませんね。。。。

 

 

お月謝は、前月の月末か


当月の初月にお願いします。

・・・・て事にしてあります。

 

 

 

実のところ、遅れる人が多いので、
ちょっと困っています。
守ってください。

 

・・・・・という話じゃなくって!

 

 

その、お月謝袋の渡し方です。
生徒さんから、私への、渡し方。
ココに、オキテがあります。

 

 

時々いらっしゃるのですが、
レッスン室に来て、バッグからテキストを出しながら、

 

「先生、はい、これ。お月謝。ココにおいておきますね。」

 

って、ピアノの上に、ポーンと置かれる方。

 

 

っちょ~~~~~っと 待ったぁ!!

そこじゃない、そこじゃないよぉぉぉぉぉ。
だめですからぁ。

 

 

「いえ、それはキチント手渡しで頂きます。
 ウチのお教室には、儀式があるのよ~。」

 

と、言いながら、やんわり拒否いたします・・・・・あはは。

 

 

まず。
生徒さんご本人に、聞きます。どんなちびっこでも。

 

 

私:「ね、これさ、中に何が入ってるか知ってる?」

 

生徒:「知らない」

 

私:「じゃさ、一緒に見てみようか。何が入っているかなぁ・・・・?」

 

生徒:「あ、お金だ」

 

私:「うん。そうだね。
    では、問題です。お金は大事でしょうか、大事じゃないでしょうか?」

 

生徒:「大事」

 

私:「うん、大事なものだよね。じゃあ、ちゃんと両手で大事に持とうね

 

生徒:「うん」

 

 

はい、まずは、ココです。

 

 

大事なお月謝袋を、先生にさし上げるのに、
片手で扱ってはなりません。

 


いや、私のことを、奉ってくださいってことじゃないわよ。
ただ、大事なものの、取り扱い方を学んでもらいたいのです。

 

 

私:「でさ、これを、今から先生に『はい』ってあげるんだよね。
   じゃさ、先生に見えた方がいいかなぁ?
   ○○ちゃんに見えたほうがいいかなぁ?」

 

生徒:「先生」

 

私:「わぁ、すごい。これ、難しい問題だったのに、よくわかったね。
   そう、先生に、可愛く見えるように持ってね。」

 

 

次のポイントは、ココです。

 

相手に何かをさし上げる時には、
相手にキチント見えるような向きにする。

 

 

些細な事ですが、大事なことです。
逆さまになっていませんか?
裏返しになっていませんか??

 

生徒さんは、ココで、お月謝袋をぐるぐる回しながら、
確認していきます。

 

 

   できた!

 

 

 

私:「うん。できたね。

  じゃ、先生に見えるように両手でもって・・
  こう、言って見ようね。

   『今月もよろしくお願いします』

  一緒に言ってみよう。さん、はいっ!」

 

 

生徒と私:「今月もよろしくお願いします」

 

私:「はい、ありがとうございます」

 

 

これを、毎月やります。
最初の頃は忘れちゃう子もいるけれど、
これは、必ず、覚えて頂きます。
うちのお教室のオキテですから。

 

 

新しく、うちのお教室にいらっしゃった方は、
はじめにびっくりされるのが、ココです。

 


「へ~、こんなことも、するんですね。」って。

 

 

はい、します。

 

 

こういった、些細な事に気を使えたり、
細かいことを相手に配慮できたりすることって、
実は、コミュニケーションの始まりなんだと思います。

マナーです。

 

 

こんなことを気遣えないようじゃ、
音楽の細かな音の響きや
繊細な音の変わりゆく様子を感じることはできません。

 

 

心は、豊かに育てないと、
細やかな動きを察知できないのです。

 

 

ふるもりポポピアノは、
脳を鍛え、心を育てるお教室です。

 

 

どうか、みんなが音楽とお友達になって、
素敵な音楽人生をおくれますように!!

 

 

そのためのオキテです。

 

 

あ、このオキテ、ココで終わりではありません。
お月謝袋を受け取った私は、
必ずその場で中を確認することにしています。

 


そして、
「はい、確かに。」

ここで、終わりです。

 

 

過不足がないか、この場で確かめることが、
一番、トラブルにならないってことを、
もう、学んでいますからね。

 

 

その場で中を確認するって、
なんか、ちょと下品な感じがして、抵抗があったのですが、
お互いのために、これが一番スマートなやり方のようです。

 

 

 

 


にほんブログ村
人気ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます。

 






クリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村




音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




こちらからコメント送信してください。


6 件のコメントがあります。

  1. 石橋ちあきさんのComment

    1 ■無題
    確かに、その通りですよね。
    私も必ず、両手で渡し両手で受け取るようにしております。
    お月謝袋の向きまでは気にしていなかったので、今度伝えてみます☆
    他にも靴をそろえる、挨拶はきちんとする、基本的な事ですが大切ですね。
    特に『ありがとう』は、どんな些細な事に対しても言うようにしております。
    http://ameblo.jp/oioi3521/

  2. 3kyokoさんのComment

    2 ■Re:無題
    >石橋ちあき先生

    コメントありがとうございます。
    そうですよね。やっぱり、お金は両手で扱うべきですよね。
    そういった心遣いも、
    お稽古事の場面で学べると良いな~と思っています。

    ふるもりポポピアノのオキテは、いろいろあります。また、ご紹介しますね。

    「ありがとう」は、大事な素敵な言葉ですよね。
    私からも、大事につかうようにします。

    先生、これからも、仲良くしてください。
    http://ameblo.jp/furumoripopopiano/

  3. 『川口市 ワタナベ音楽教室』まどちゃんさんのComment

    3 ■なるほど!
    こんにちは。
    初めてコメントさせて頂きます。

    私も礼儀については悩んでいて、
    特に言えば言うほど「自分を敬え」「先生は偉いんだぞ」ってなるようなところがもやもやしていました。

    先生のブログを読ませて頂き、
    あ、なるほど、お金は大事なものだよってことや、渡し方も相手の為にどう渡したら良いか(先生相手だからと限ったことでなく)という目線でお話する方法もあるんだーっと勉強になりました。

    またブログ拝見させて頂きます。
    ありがとうございました♪
    http://ameblo.jp/watanabe-ongaku/

  4. takaさんのComment

    4 ■お月謝の心得
    当然のことのようで、改めて文字にされると確信が持ててよいですね。

     こどもがお世話になるお稽古や塾のお月謝は、
    必ず新券を袋に入れるよう、両替をしておきます。
    若い頃、自分のお月謝をお願いするときから
    ずっと守っている、これは私のオキテです。

  5. 3kyokoさんのComment

    5 ■Re:なるほど!
    >『川口市 ワタナベ音楽教室』まどちゃん先生

    はじめまして。コメントありがとうございます。

    私達、お稽古事の先生は、
    こういった礼儀とか、お行儀とかにも触れて、
    「相手の方と、気持ちのよい空間を共有するためにはどうしたらよいのか」という気配りも、
    伝えていける お仕事だと思っています。

    それって、コミュニケーションだと思うのです。

    これからも、仲良くしてください。
    http://ameblo.jp/furumoripopopiano/

  6. 3kyokoさんのComment

    6 ■Re:お月謝の心得
    >takaさん

    コメントありがとうございます。

    新券ですか。さすがですっ!!
    私も、子供の頃は、母が毎月用意していました。
    うっかり、忘れたときは、お札にアイロンを欠けていたことも・・・・

    私も、以前は、生徒さんに新券にするように申し伝えていたのですが、
    両替が有料になってから、ちょっと気が引けて、強制はしていません。

    でも、やっぱり新券でいただくと、
    気持ちが良いものですよね・・・・

    これからも、仲良くしてください。
    http://ameblo.jp/furumoripopopiano/