休符って、本当に「お休み」なのかな?

2011 8月 10 音楽の言葉 , 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by プリンセス・ポポちゃん



音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






休符。
お休み。


この、「お休み」っていうネーミングがよくないんじゃないのかなぁ。

 

 

ここで休んでもいいですよ。って感じ。

 

いえいえ、そうじゃありませんよ。

 

ここで、音がなってはいけません。


静。


・・・・という意味だと思います。

 

 

もっと真剣に意識してもらいたい。

 

リトミックの時にも、音を立てない練習をします。
意外と難しい。

 

 

静寂を楽しむ瞬間って、
日常生活の中でも、なかなかないのかも。

 

 

テレビがつけっぱなしになっていたり、
音楽が、始終流れていたり。

 

 

ふと立ち止まって、自分の周りの音を消すと、
遠くの音に、気が付きます。

 

 

隣の家のおじさんの咳払い、
ヘリコプターが遠ざかる音、
水道から落ちる、水滴の音、
パソコンのファンのまわる音、
バイクのアイドリング、
子供のサンダルの足音。
世の中には、なんてたくさんの音があるのでしょう。

 

 

そして、気が付くはずです。
自分の周りの、しずけさ。

 

 

静かな中に、自分がポンと音を出す瞬間の緊張感。

 

 

そう、音楽って、もっと音を大事に扱いたい。
音が出るときも、
伸びている間も、
そして、消え行く瞬間も、
音がない静粛も。

心と、耳を研ぎ澄まして。

 






クリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村




音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




«  休符って、本当に「お休み」なのかな?  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.