実は私もママに告白されたことがある。

2016 2月 25 レッスンの風景 , , , 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by プリンセス・ポポちゃん



音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






生徒さんのママからのメールに、こんなことが書いてありました。

 

子供の習い事、何を習わせたらいいのかって
よく育児雑誌の記事になっていますが、
今は共働きの家庭が多い事で
「ピアノは練習を(親が)見なければならないから、負担が大きいから避けるべき」
とか、
「子供に習い事させるお金あるなら、貯金して大学進学の資金にすべき」
なんて記事見ると悲しくなります。
ちょちょちょちょちょ・・・・・
「ピアノは練習を(親が)見なければならないから、負担が大きいから避けるべき」
ですってぇ?????

 
まあ、確かにその要素はあるし、
全く否定もできないけど。

 
そもそも、親が子どものお稽古事を見ることは、
負担なのでしょうか?????

 
な~んだか、悲しいなぁ・・・
負担・・・負担・・・そうか、負担なのかぁ・・・・

 

 

 

この2,3日、
ずっとこの言葉が頭から離れなくて。
正直な所、とてもショックな言葉でした。

 
私達音楽家や指導者たちは、
「音楽の楽しさを伝えたい」とは思っていても、
「ママの負担になりますように」とは、
絶対に思っていない。

 

 

おうちに音楽を!
生活に音楽を!
とは思っていても、
だからといって、「ママの負担になりますように」とは、
決して思っていない。

 

 

 

しかしっ。
実は私もママに告白されたことがある。
「負担です」 って・・・・

 

 

確かに、そのママは子ども二人を、
毎週、しっかり練習させてくれていた。
だから、ふたりとも、ドンドン力をつけて、
メキメキと成長していた。

 

 

 

・・・・・なので、安心していたんです、私。

それがいけなかった。

 
自動で上手になっていっているわけではなく、
お家での、ママの努力の上に、
ソレが成り立っていたのに、
それで私が楽々だとばかりに、あぐらをかいていたのかも・・・・しれません・・・。

 
ごめんなさい。
私が悪かったです。っと、謝りました。

 

 

わざとじゃなかったです。
当然です。
わざとママの負担になるようにしたわけじゃないです。
でも、明らかに私の配慮が足りなかった。
それは否定できません。

 

 
やっぱり、ピアノって大変なのかなぁ・・・・
私の母も、大変そうだったもんなぁ・・・
毎日、きぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!ってなって、
鬼ババのようでしたからね。

 

11

 

 

でも、あの鬼ババの日々があったから、今がある。
そう、今は感謝しています。

今振り返ると、
辛かったけど、楽しかった。

さっきのママからのメールは、こう続いていました。

 

 

 

うちも決して裕福な家庭環境ではありませんが、
子供に残してあげられるのは教育と思い出だけだと思うので、
出来る限りの事はしてあげたいなぁと。
(習い事もその道にプロにならなくても、その子に沢山のものを与えてくれると思いますし・・・)

 

 

いえいえいえ。

裕福とか、そんなことは全然関係なくて、
私も、子どもに残してあげられるのは、
本当に教育と思い出だと思います。

 

 

だからね。
本当は、負担だなんて思わずに、
楽しんでもらうのが、一番いいんですけどね。

 

 

だから、どうやったら楽しめるのか、
楽しみながらチカラをつけていくことができるのか、
そこらへんは、指導者の腕次第だと思うんです。

 

 

レッスンの中で、いつも話ているつもりだったのですが、
まだまだ足りなかったのでしょう。

 

 

 

音楽の楽しさを子どもたちと、その家族の皆さんに伝えていくことが、
私の使命だと思って、
これからもやります。

 

 

 

 

 

 

ただいまキャンペーン中です。無料体験レッスンを試してみませんか?

お問い合わせはこちらより。

campaign

これをクリックして私を応援してください。

にほんブログ村 子育てブログへ






クリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ




音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.