「人間じゃない」合唱コンクールの思い出

2011 9月 09 レッスンの風景 , 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by プリンセス・ポポちゃん



音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






中学校では、合唱コンクールの季節ですね。
お教室には、井芹中、西山中、附属中の生徒さんがいますが、
みんな、合唱コンクールの練習があっているようです。

 

 

いいなぁ・・

 

 

合唱コンクールでは、いつもピアノ伴奏の担当でした。
合唱曲の伴奏って、結構むつかしい・・・。

 

 

当時も、それなりに練習していました。多分。

 

 

早いパッセージや、黒鍵をたくさん使う部分など、
ところどころに、ありますね。どの曲も。

 

 

ピアノを弾く私の指を見て、
当時 好きだった男の子から、


「すげー、神業だ」


と言われて、嬉しかったこと・・・・・ルンっ

 

 

でも、その後に 一言。


「人間じゃない・・」

 

がーん・・・
ショックでした。
私って、人間と思われていないのねって、真に受けました。

 

 

 

ショックといえば、
ピアノばっかり弾いていたので、
歌詞をあまり覚えていません。


これもショック。

 

 

大人になってから、
再びその曲に出会って、歌詞を見て
「あ~、こんな歌詞だったのね・・」と。

 

 

歌詞も理解せずに、伴奏をするなんて、
今では、邪道ですが。
子供だったのね、私。

 

 

毎年、レッスンのときに、
合唱コンクールの曲の楽譜を持ってきて、
伴奏を見てもらいたいと言う生徒がいます。

 

 

もう、大歓迎よ~~~

 

 

さらに、


「私は、伴奏者ではありませんが、
 家で弾きたいので、教えてください」


というツワモノも。

 

 

きけば、家で弾き歌いをするとか。
きゃ~、素敵!
やって、やって!!!
スーパー応援します。

 

 

与えられるばかりではなく、
自分から音楽の楽しみ方を探っていくなんて、
まさしく、私がみんなに伝えたいこと。
伝わっているのね。

 

 

合唱曲って、いい曲が多い。
他のクラスの自由曲も気になりますよね。

 

 

私も、今、合唱にご縁があって伴奏をしていますが、
本当に、たくさんの素晴らしい曲があって、
新しい曲との出会いに、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

中学生の時にしか、
感じられないこともあります。

 

 

合唱を通して、たくさんのことを
感じてもらいたいなあ。

 

 

あ、でも私、
ピアノ伴奏をしながら、
好きな男の子のことばーっかり見ていました。
だめじゃん、私。

 

 

 

 

合唱コンクールの思い出に浸りながら
応援してください↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 






クリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村




音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.