FBI捜査官と心理捜査官の、夢と希望があるレッスン♪

2015 2月 06 レッスンの風景 , , 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by プリンセス・ポポちゃん



音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






「僕、この曲弾けない・・・・」 

バツが悪そうに下を向き呟きながら、 楽譜をピアノに置きました。。。。。 
どれどれ・・・・ちょっと1回、弾いてごらんよ


・・・ あーーー・・・・・だね・・・ 
これは、あれだ。 
練習ができなかったんだね。 
練習をどうやったらいいのかが、わからなかったんだね。 

そもそも、 しょっぱなから、両手で弾いたでしょーーーーーーー! 
片手ずつ練習しなさいと、あれほど言ってるのに・・・・・ 

 

っと、ここまでは、 
普通、指導者なら、瞬時に見抜きますよね。 
うん、すぐわかる。 
どれくらい練習したのか。 
どんな練習をしたのか。 

バレバレです ('v') 

 

・・・さて、どうしようかなぁ・・・ 
ここからが、指導者の手腕が問われるところ。 

 

このK君は、頭が良くて理論派。 
だから、私がとった作戦は・・・・

 

私  「ね、K君、これさぁ、練習しにくかったんじゃない?」 


K   「うん。どうやったらいいのかわかんなかった。
        なんかこの曲ややこしい。無理。」 

 


ふっふっふ・・・・思った通りの反応です。 
うん、悪いのは僕じゃない。 
このややこしい曲が悪いんだっ!(笑) 
ウケる、ウケる。かわいいわぁーーーー 

 


私  「だよね。この曲、ややこしいよね。
      うんじゃさ、左手のとこを見てみようか。  
   あ、これ何度??」 


書いてみようね・・・・・ 

2015-02-06_160637

 

 

 

 

 


 K 「一度! と、次はぞくしち! 
  え?あれ?これ、一度と属七しかない!
   え?じゃ、簡単じゃん。
   できるかもしれない。チョットやってみる!」 

 


いいね、いいね~~~~。 そうそう、気がついたね。 
左手は、そんなに難しくないよ。

うん、まずは2段目までの左手はクリア!

 

 

私  「でさ。今弾いたところで、どこか同じ所なかった?」

K  「あった!あった! 1度のところ。」

私  「うん。その一度のところの右手は・・・・」

K  「おんなじだ! 右手もおんなじだ!やってみる!」

私  「さすがK君、頭がイイっ!!」

 

こうやって、おんなじところ探しをすると、
練習は、とてもやりやすくなります。

 

2015-02-06_161523

 

 

 

 

 

 

そして・・・・

K  「え?じゃ、属七のところは?おんなじかなぁ?違うかなぁ?
  ちょっとおんなじだ! 最後が違うだけだ!」

 


そうそう!
こうやって、自分から楽譜の構造を
謎解く力がついてきます。


このチカラを身につけてもらいたいのよーーーーーー。


K  「っていうか、先生、僕できます!
    もう、ここまでは、弾けるよ。」


おおおおおおおおおおお!!
弾ける気分になったかぁ!
それはよかった、よかった^^

 

もう、このあたりから、K君はエンジン全開です!!(笑)

 

3段目に入ります・・・・


K   「せんせー。大発見です。
    ココとココ。右手と左手がおんなじ動き。」

 

2015-02-06_162105

 

 

 

 

 

 


私   「あ、ほんとだね。よく見つけられたね。さすがだ。
     もうないかなぁ・・」


K   「あ、ここもだ!」

私   「うん、ほんとだね。」

 

2015-02-06_162255

 

 

 

 

 

 

K  「しかも、ココとココは、おんなじだ!」

 

2015-02-06_162433

 

 

 

 

 

 

もう、次から次へと
この楽譜のヒミツを暴いていく・・・・

くっくっく・・・・いい感じ


K  「せんせーー。なんかこの曲弾けそう。
    弾いてみていいですか?」


よっしゃーーーーーーーー!よく言ったっ!

 


そうだよ。そうだよ。
この曲が弾けないはずはない。
ただ、曲の構成も仕組みもわからなくて、
手が出なかっただけだよ・・・・


こうやって、この曲に立ち向かい、
やる気を出してくれたこと、
ほんとにほんとに嬉しい。

 

 

個人のタイプによって、
私が使う作戦や言葉は変わります。


今回のK君は、

「頭がいい」とか
「よくわかったね」とか、
「やっぱりK君、さすがだね」とか、
そんな言葉が、心にぐっとくるタイプなので、
私もそんな言葉を、ところどころに散りばめます。

 

指導者は、目の前の生徒が、
どんな言葉に反応するのか、
どんな言葉が伝わりやすいのか、
どんな言葉が心に響くのか、


心理捜査官のように、瞬時に見極める必要があると思う。


それと、
どんな練習方法をとればこの曲が弾きやすいのか。

この子は、何がひっかかって
うまくいってないのか。


今回は、理論派のK君が、
この曲の構成を理解してなかったってことが、
つまづきの原因。

だから、その原因を取り除くために、
私は、彼が構成を理解できるように誘導した・・・・・・


FBI捜査官のように  ('v')ニヤリ・・・

 

こうして、K君は、

「来週はこの曲がぜったいに綺麗に弾けるような気がする。」

といいながら、ウキウキして帰って行きました。
ははは・・・
きっと、きれいに弾けると思うよ。
がんばって!

 

音楽を通して、
未来に夢を見ることができるような子になってもらいたい。

「もしかしたらできるかも」っていう期待感とか、
ワクワク感とか、
だからソコに向かう、がんばる気持ちとか。


30分という短いレッスン時間の間だけど、
夢と希望があるレッスンをしたいと思う。

 

心理捜査官のような洞察力と、
FBI捜査官のような誘導作戦で!!!

 

 

 

 

 

こんな私を応援してください

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ






クリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村




音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.