読譜力をつけるためのゲームに負けて、本気でへこむ日もある。




音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






うちは音楽教室なので、トランプも数字ではなく、

音名が書いてあるものを使っています。

 

 

そして、この音名トランプを使っていろんな遊び(と見せかけた学習)をするのですが、

一番人気なのが、この遊びです。

 

 

 

 

「スピード」ですね。

 

これは、バスティン研究会で教えていただいたものです。

楽しく音の並び方を覚えられて、

何度も繰り返しやっているうちに、

反射的に「次の音」がわかるようになる 優れたゲームです。

 

 

次の音がすぐに分かるというのは、

楽譜を読む上でとても重要なことで、

これがわかっていないと、スムースに楽譜を読むことが出来ません。

 

 

 

私は、楽譜を読むチカラは

ぜひぜひ身につけてもらいたいと思っていますし、

また、楽譜を読むチカラは音楽をする上で、

何の楽器をやる場合でも、大きな手助けになるものだと思っているので、

この「読譜力」をつけるための訓練 は、

あの手この手で 行います。

 

 

 

たくさんの教材を作りましたし、

たくさんのネタも持っています。

 

 

 

その中でも、本当に人気なのがこれです。

 

 

この子たちからは、

「ここの教室でよかった~~ だって、スピードできるもん。」

という言葉が出るほどです(笑)

 

 

特に男の子に人気で、

そして、もっと謎なことに、

小学生3,4年生位になると、

私が本気でやっても、なかなか勝てないくらいに上達していくのも

男の子なんです・・・

 

 

ここだけの話、ちょっと本気でくやしい・・・・crying

 

 

最初のうちは、私がなんだかんだ言いながら、

わざと負けます。

 

・・・だって、大人ですから~~♪

 

 

 

ただし、わざとらしく負けてもダメなので、

「おしいっ! あと一枚だったのに先生が負けちゃったぁ~」

って状況を作り出します。

 

これ、意外と難しかったりする・・・・

 

 

わざとらしく負けても、

「あー、先生、わざと負けたでしょ~」

ってなりますからね。それじゃーだめ。

 

 

「いえーーいっ! 先生に勝った!」

 

って思ってもらえるような、勝負の付き方にしなきゃ。

 

 

 

な~~んて私が余裕でいられるのも、時間の問題で、

ドンドン上手になっていくので、

ドンドン手が抜けなくなって、

ドンドン本気になっていく~~

 

   しかも、本気で負けるときもあるーーーーー (おいおい・・・)

 

 

 

いえいえ、

こうやって私を踏み台にして、

私を越えて行ってくれることは、嬉しい事です。

 

それがたとえ、こんなゲームでも。

 

 

 

 

あぁ。読譜だけじゃなく、全てのことで、

私を踏み台にして、越えて、大きくはばたいていってもらいたい。

 

 

 

 

・・・・・・な~んて思いながらも、

やっぱり「スピード」に負けるのはくやしい、私でしたぁ~~~~

 

 

 

 

 

こんな私を応援してください

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ






クリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村




音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.