自分の弱点を認めた保育士! あなたは、希望の星です。

2013 4月 29 レッスンの風景, 音楽への想い , 1 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by プリンセス・ポポちゃん



音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






恥ずかしくなるくらい、久しぶりに記事を書いています。

 

実は、1ヶ月以上も、更新していませんでした。

これは、ブログを始めて以來、初めてのことです。

 

 

「最近、全然、更新していませんね。」 とか、

「いいかげん、新しい記事をアップしてください。」 とか、

「サボりですか?」 とか、

挙げ句の果てには、

「最近、やる気ないんじゃ?」

とまで言われていましたが、

 

 

そんな言葉を聞きながらも・・・・

それでも更新しなかった私は、

相当 根性の座った、厚かましい女でしょうか・・・・・涙・・・

 

 

 

楽しみにしてくださっている方、ごめんなさい。

 

 

 

 

さて。

 

 

3月、4月と、慌ただしいシーズンを過ごして来ました。

 

そして、最近思うこと・・・・

 

 

    育てたい

 

ほんと、この一言です。

 

 

私は、自分の生徒さんを、

豊かに、豊かに育てたい。

 

 

そして、ご縁があって巡り会えた保育士や幼稚園教諭の先生方も、

どうか、豊かに育って頂きたい。

 

 

 

音楽が苦手な人なんて いないと思う。

音楽が嫌いな人なんて いないと思う。

 

 

ただ、その表現方法がわからなかったり、

指導する方法がわからなかったりするだけだと思う・・・・

 

 

 

 

この春に、新しく出会った保育士の先生がいます。

M先生。

 

 

 

M先生の担任のクラスで、私がリトミックのレッスンをしたあと、

今日のレッスンの様子や、

気をつけること、

次のレッスンまでにやっておくべきことなどを、

お話ししていた時のことでした。

 

 

 

「私・・・・ピアノがヤバイんです。」


っとおっしゃいました。

 

 

 

知ってるわぁ~~~。

だって、さっき、ちょっと聴いたもん。

あの伴奏は、ヤバかったわね。確かに。

 

 

何故に左手の伴奏は、

ずーっと同じ音を引き続けるぅぅぅぅぅぅ?????

 

 

 

あれは、マズイ。

何がマズイって、あれじゃ、子どもたちが歌えないから。

 

 

 

でもね、

その事を、自分から告白したM先生は、

すごいと思う。

 

 

自分の弱点を認め、

そして、私に助けを求めたM先生の事、

私は、俄然、全力で助けたいと思いました。

 

 

 

今、自分に弱点があることは、

恥ずかしいことではありません。

その弱点を克服していけばいいだけの話です。

 

 

 

恥ずかしいことは、

自分と向き合わず、

弱点を見て見ぬふりをして、

現状維持を貫き通すことです。

 

そこに進歩はありません。

 

 

それこそが、恥ずかしいことです。

 

 

 

私たちのお仕事は、

人を育てるお仕事です。

 

それが、子供であっても大人であっても。

 

 

成長したいと思う人に、

手を差し伸べ、

知識を伝え、

思いを手渡すのが、お仕事です。

 

 

助けてって声を上げてくれた人に、

私が、全力で教えない理由がありません。

 

 

M先生、

私は、あなたの1年後が楽しみです。

私に助けを求めたからには、

必ず、成長して頂きます。

 

 

私も、一生懸命に指導させて頂きます。

あなたに音楽の楽しさが伝わり、

もう、二度と、「ピアノがヤバイ」なんてセリフを、

あなたのクチから聞くことがないように。

 

 

大丈夫、一緒にがんばっていきましょう。

 

あなたは、私の希望の星になったのですから!!

 

 

 

 

 

 

 

こんな私を応援してください

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

 






クリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ




音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




こちらからコメント送信してください。


1件のコメント