合奏で育てる 相手を思いやる心

2016 10月 13 レッスンの風景 , , , 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by プリンセス・ポポちゃん



音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






音楽は誰かと一緒に演奏すると、とても楽しいもの。

合奏や、合唱の楽しさも経験してもらいたいと思っています。

 

 

♪ふるもりポポピアノ♪ では、連弾やアンサンブルも

どんどん取り入れていきたい、チャンスを作っていきたいと思っています。

%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%9716

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連弾やアンサンブル、合奏は、一人ではできません。

誰かと一緒にやることです。

 

 

「私が、私が!」っと、自分の事だけを主張したり、

自分の事だけしか考えていなくて、自分のペースだけをゴリ押ししたり、

自分の責任は果たさないで、それでいて他人のせいにしたり、

まして、それを「自分らしい」などと勘違いしていたり、

もうね。自分のことばっかり。

そんなことでは、絶対にうまくいきません。

・・・・・・というのは、

普通の人間関係にも通じるものがありますね。

 

 

私は、音楽というものはコミュニケーションそのものなので、

結局は人間力がないと、音楽もできないと考えています。

 

なので、音楽をすることで、人間力を養うこともできると考えています。

 

 

そもそも、子どもたちに音楽教育をする意義は、

そこにあると思っています。

 

 

楽譜が読めるとか、

音楽の専門用語を知っているとか、

そんなことも大事だけど、

もっともっと大事なことがあると思うんだよね。人として。

 

 

自分さえ良ければいいとか、

人と仲良くできないとか、

お友達がいないとか、

誰かを気遣うことができないとか、

「じぶんらしく」と自己中の区別がつかないとか、

自分に自信がないとか、

どうしてそうなっちゃうのかなって辿ってみると、

小さい頃からの経験のなかで、学ぶべきことを学んでこなかったからなんじゃないかな・・・・

って、思います。

たくさんの人を見てきて、そう思います。

 

そして、そんな人達と一緒に音楽をやってみると、

これがまた、なかなか合わないんです・・・・

まぁ、そりゃそうだよね。

自分のことしか考えてないんだもの。

周りの音と合わせるなんてことしないんだもの。苦笑。

 

 

誰かと音楽を一緒にする機会があったら、

もう少し豊かな心が育ったのかもしれないなぁ・・・そう思うと残念です。

 

 

うちのお教室の生徒さんたちには、

音楽を通して、「みんなと仲良くできる心」を育ててもらいたいと、思います。

 

もうね、母の様な気持ちですよぉ。






クリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ




音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.