コロナ禍の発表会は、テーマは「愛」

2021 3月 10 レッスンの風景, 発表会, 音楽への想い 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by ♪ふるもりポポピアノ♪



音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






コロナ禍で、どうしようか本当に本当に悩みましたが、

発表会をしました。

去年の3月に予定していた発表会は、

前日になってキャンセルするという大失態をしでかしてしまったので、

今回は、開催するかしないか、できるのかできないのか、

いつその判断をするのか、とてもとてもとても気をもみました。

 

 

 

熊本では、独自の緊急事態宣言が出ている中でもありましたので、

ホールの方とも何度も何度も話し合いましたし、

保護者の方々にも、ご心配でしょうから、

なるべく細目に「今、どんな感じになっているのか」

進捗報告をしながら準備を進めてきました。

 

 

いつもとは違う感じでの発表会となりましたが、

終わってしまえば、やっぱり発表会をやってよかったなって思います。

 

 

生徒席もなし、係のお仕事もなし、もぐもぐタイムもなし、

係のお仕事もなし、連弾もなし、歌もなし、

アトラクション(え?(笑)もなし、

ないことだらけの発表会でしたが、

今は、これが私にできる精いっぱいでした。

ほんとごめん。

もっといっぱい、楽しいことや、へんてこなことをやって、

思い出いっぱいの一日にしたかったんだけどね、

どうしても今回はできませんでした。

ほんと、ごめん。

 

ごあいさつ

今日は、♪ふるもりポポピアノ♪の発表会にきてくださり、ありがとうございます。

昨年、誰も想像していなかった新型コロナという病気がはやり、

生活は大きく変わりました。

音楽はみんなで楽しみ、心を通い合わせるもののはずなのに、

それが難しい場面がたくさんあって、

どんなに悲しい思いをいっぱいしたことか!

 

 

去年の3月の発表会が中止となってから、約一年がたとうとしています。

発表会を中止したことで、ピアノの発表会がどれだけたくさんの人に支えられ、

どんなに大きな気持ちで作られているのかを、考えさせられました。

 

ホールのスタッフの方、プログラムを作ってくださる方、

舞台装置を動かしてくださる方、デコレーションをしてくださる方、

もぐもぐタイムを支えてくださる方、ステージスタッフの方、記録を取ってくださる方、

みんなが支えてくれるからこそ、発表会が成り立つのだということを再認識し、

とても感謝しました。

 

 

今回の発表会は、たくさんの制限の中での開催となります。

それでも、子供たちの「今年」は一回しかないかけがえのないものです。

そして、こんな時でも音楽が心を豊かにしてくれるということを、

私は伝えていきたいと思っています。

 

 

今回の発表会のテーマは「愛」です。

こんな時だからこそ、愛について考えてみたい。

音楽と出会って人生が豊かになり、素晴らしいものになりますように。

音楽はコロナに負けません。

 

 

いつもの発表会とは違って、一人一曲の演奏のみでしたので、

時間的に余裕がありました。

なので、演奏後に一人ずつインタビューコーナーを設けました。

 

 

 

演奏した曲目や本人の得意なこと、日ごろの様子などについて、

私の質問に答えてもらいました。

 

 

 

ステージの上に一人で立って、質問に答える場面なんて、

日常でそうそうあるものではありません。

頭が真っ白になって固まってしまう人、続出でした。

いい。いいよ。それでいい。

今回はそれでいい。

舞台って、こんなにドキドキするもんなんだなっていうことが

わかっただけでも、良い経験です。

次回は、もっとうまくできることでしょう。

 

 

 

そして、今回のテーマは「愛」だったので、

ステージ上から、パパやママに

「大好きです」って言ってもらいました。

 

まー、これが、恥ずかしそうだったこと!!!(笑)

そうだよね。

家族に面と向かって「だいすき」とかって、

なかなかいわないもんね。わかるわかる。

恥ずかしいよね。言いにくいよね。

 

 

 

でもさ、自分は「言ってもらいたいな」とは思っているんじゃないかな?

「大好き」って言ってもらったら、うれしいんじゃないかな?

ね。そうでしょ。

自分はやってもらったらうれしいのに、

でも自分からやるのは難しい。。。。(苦笑)

そんなもんなのかもしれない。

だからこそ、自分から「大好き」って言ってみようよ。

こんな風にちょっと強制されないと難しいから、

あえて、ステージ上から言ってもらいました。

 

 

 

本当はね、客席のパパママからも、

「だいすきよ~」って言っていただきたかったのだけれど、

大声を出すのは禁止なので、笑顔で応えていただきました。

(ほんと、コロナっちが恨めしい・・・)

 

 

 

そんな中、一人がかたくなに「大好き」って言いませんでした。

しばらく待ったのですが、どうしても。

「え?なに?言いたくないの?」と聞くと、

こくんと首を縦に振りました。

 

 

あー、そうなのね。うん、わかった。

それもいい。いいよ。

ということで、言わないままステージを下りました。

 

 

 

うちのお教室では、これもOKです。

いろんな子がいる。

それでいい。

そう思っています。

逆に、みんな同じだなんて気持ち悪いから、

この子の態度は、ある意味うちのお教室らしいもので、

むしろ感謝です。

 

 

みんなも、

へー、あの子は言わないんだ。ま、そんなこともあるよねー。

的な対応です。

お教室全体が、一人一人の個性を見守り、

成長を後押ししてくれるようなムードがあって、

私は本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

 

私は、本当にみんなのことが大好きです。

できる限りのことをやっていきたいし、

私の思いのすべてを伝えていきたいと思っています。

 

 

 

今回は私から一人一人に、「すきなところ・すごいところ」を

単語帳に書いて渡しました。

この単語帳、50枚だと思っていたら80枚だったわ~~~~。

超ハードワーク。

 

 

でもね、書きながらとても幸せな気持ちになりました。

ああ、私、この子のこんなところが好きだわ~

この子、こんなところがすごいわ~と思うと、

愛しくて、好きすぎて、なんだか涙が出てきて、

まだまだもっとかけると思いました。

 

 

しかし、手書きなんて久しぶりすぎて、首が痛くなりましたわ~~ははは。

 

 

 

そんなこんなで、愛を込めた発表会は無事に終わりました。

正直に言えば、もっとド派手にやりたかったです。

私としては、物足りない感じ。不完全燃焼です。

いや、仕方ない。

今回は、これで良しとしよう。

次だな。次はやるよ。もっとやるよ。

それまでに、アイデアを温め音楽を楽しんでいきましょう。

 

 

 

生徒ちゃんたちと、保護者の方々に支えられてできた発表会でした。

本当にありがとうございます。

これからも心を込めて、全力で丁寧に一生懸命に指導していきます。

どうかよろしくお願いします。

 






クリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村




音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




Sorry, the comment form is closed at this time.



コメントはまだありません

  1. No comments yet.