おしりまくら、みーつけた!

2016 11月 22 レッスンの風景 , , 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by プリンセス・ポポちゃん



音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






偶然見つけたこれ。

「おしりまくら」だってーーー!!

 

img_6219

 

今まで私がコピー用紙に絵で描いていたりしたのです。

おしりのおうち。

 

IMG_2685

 

今度から、これが使えるかなぁ・・・・・・って見つけたとき、

ニヤニヤしてしまった(笑)

 

 

♪ふるもりポポピアノ♪ には、

お椅子にじっとすわれない生徒さんが数名います。

 

いいんです。最初はそれで。

私はそう思っています。

 

 

最初から何もかもできなくてもいいし、

最初からおりこうさんでなくてもいい。

 

 

その子が自分のペースで、

ちょっとずつ何かができるようになって、

少しずつ音楽とお友達になって、

自分の人生を素敵なものにしていくことができるのなら、

今はまだ、できなくてもいいと思っています。

 

 

一昔前は、

「ちゃんと座れるようになってから来てください。」

っと、座れない子をやんわりとお断りする教室もあったようです。

 

 

あぁ・・・・この話は、胸が締め付けられうように悲しい。

もしかしたら、

「ピアノを習ったら、座れるようになるかもしれない。」

「音楽が好きになったら、おとなしく座れるようになるかもしれない。」

 

っと思って、音楽教室の門を叩いたのかもしれないのに、

それを、簡単にシャットアウトされるだなんて、

その子も親御さんも、どんなに悲しい思いをしてしまうことか。

 

 

実は、うちの子もなかなか座れない子でした^^;

だから、よく分かる。

 

ママが毎日くたくたなことも、

アノ手コノ手で、この子にしかできないことを探しているということも。

 

 

学校でも元気がよすぎて、散々なシデカシをしました(苦笑)

それでも、親から見れば、かわいいわが子です。

社会に迷惑をかけない範囲内で、

この子がどのようにしたら自分の個性を生かして、

素敵に生きていけるようになるのか、

ほんとにほんとにほんとにほんとに、そればっかり毎日考えていました。

 

 

 

確かに大変な子育てでした。

学校の先生の中には、

うちの子の様なタイプの子を、

「やんちゃだけどかわいい」っと思ってくださる方と、

「やっかい」と感じられる方がいらっしゃいました。

 

 

原因はうちの子にあるので、なんとも申し上げようがないのですが、

「今日は、こんなことがあった。」

「今日は、こんなことをした。」

「今日は、こんなことを言っていた。」

と、週に3回も電話してくる担任の先生には、

私は、「悲しい」という感情しかもてませんでした。

 

 

「この子は厄介な子。この子さえいなければうちのクラスは楽なのに。」

っと言わんばかりの口調を、

私はどんなに悲しく、絶望の気持ちで聞いていたことか!

 

 

確かに大変だったけど、私はこの子を深く愛していたし、

そして、その先生に愛がないことは、

簡単に見抜くことができました。

 

 

そんなこんなで、

私は、自分のお教室を選んでくださった生徒さんに、

そんな思いは絶対にさせたくないのです。

 

 

座れないのならば、

座りたくなるような演出を考えていけばいいし(私が)

実はそんなことは、大したことじゃないかもしれない。

 

 

座ることよりも、

もっともっと大事なことがある。

うん、いっぱいある。

 

 

音楽には、大きな力がある。

音楽は、心を育てることができる。

音楽は、誰かを助けることができる。

音楽は、誰かを愛することができる。

音楽は、もっと夢のように人生を素敵なものにしてくれる。

私はそう思っています。

 






クリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村




音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.