「せんせい、高い音って、大きい音のこと?」




音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






幼児期の子どもに音楽を教えるときに、

気をつけておかないといけないことの1つに、

言葉の問題があります。

 

まだ、語彙が少ない子どもたち。

 

例えば、上、上の方、高い所、という言葉の意味は、

ほぼ同じだということは大人はわかるけれど、

子どもによっては、それぞれ別のことだと思っていることもある。

だんだん高くなる、あがる、のぼる。

これも、それぞれ別のことだと思っていることもある。

 

 

なのに、それに気が付かなくてどんどん進めていっても、

途中で、お互いにトンチンカンなことになってしまう・・・ことがあるんです。

 

 

レッスン中に生徒がふと、

「せんせい、高い音って、大きい音のこと?」

っとききました。

 

この子も、どうも、この「言葉の問題」でつまずいているのです。

音に、「大きい音」「小さい音」があるということはわかっているけど、

「高い音」「低い音」があるというのが、

まだよくわからない・・・・

 

言葉の意味と音が繋がっていない状態なので

そこはなんとかしましょう!!

 

 

私は、こんな時は、

リトミックをしてカラダで感じて覚えてもらったり、

目に見えるものに置き換えて納得してもらったりします。

 

IMG_5484

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使ったのは、パネルシアター。

高い、低いを目で見て確認して、

それを音に置き換えていきました。

 

「あーーー、おもしろかったぁ」

っと言った笑顔をみたところ、

ちょっとは理解してくれたかな。

 

ちゃんと分かるまで、一緒に何度もやろうね!!

 






クリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ




音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.