え?脳科学的にいうと、「ピアノってお稽古事じゃない」って、どういうこと??




音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






私は音楽やピアノに関しての、

脳科学者の先生のお話を聞くのが大好きです。

澤口俊之先生の講演会も何度か伺っていて、

先生のお考え、ピアノのお稽古が脳に与える大きな影響について、

とてもとても感動しました。

 

もうお一方、大好きな脳科学者の先生がいて、

塚原利理先生って方なんですが、

この先生のお話によると

 

ピアノって、もはや習い事ではない!そうなんです。

 

・・・・・・

 

・・・・・

 

・・・・ え?

 

 

ピアノっていうのは、「子育て」そのものであり、

「専門家にさせるつもりはない。」とか、

「音大に行かせるつもりはない。」とか、

「別にピアニストにならなくてもいい。」とか、

そんなことじゃなくって、ピアノは子育てそのものだということが、

脳科学的にもわかってきたということです。

 

ピアノをちゃんとがんばるということが、

脳を育てたり、心を育てたりするのに、

とてもとても重要な働きをするということです。

 

 

ちょっと、その先生に教えていただいた知識なんですが、

発達心理学のお話をしますと・・・・・

 

ママ

 ↓

学校の先生やピアノの先生

 ↓

お友達

 ↓

恋人

 

 

これっってなんだと思いますか?

 

エリクソンって心理学者が提唱したもので、

「エリクソンの心理社会的発達段階説」と呼ばれるものです。

 

★0~2歳の時期は、ママに認めてもらいたい時期。

             この期間に、ママとの間で基本的信頼を学ぶ。

             そして、それは「希望」の獲得となる。

 

★2~3歳頃の時期は、やっぱりママに認めてもらいたい時期。

             この時期にだんだんトイレトレーニングを通して、自立性を学ぶ。

             自分でやることから、自分の意志力を学ぶ。

 

★4~6歳頃の時期は、まだまだママに認めてもらいたい時期。

             この時期に少しずつ、新しい世界へ挑戦し積極性を学んでいく。

             目的をもつことを学ぶ。

 

★7~13歳頃の時期は、学校の先生やピアノの先生に認めてもらいたい時期。 

              この時期では、学校で急速に知識や技能を習得し、

              集団関係を作るようになる。

 

★13~18歳頃の時期は、とにかくお友達。お友達が大事、認めてもらいたい時期。

 

★18~25歳頃の時期は、恋人に認められたい時期。

 

 

というもので、

それぞれの時期にどんなことが起こるのかということと、

ココが大事なんだけど、

誰にみとめてもらいたいのか。ということ。

 

ね、ちょうどピアノを習い始めるであろう時期には、

とにかくママ。ママ。ママ。ママに認めてもらいたい。んですよ。

 

自分の事を振り返ってみても、

それって、納得できると思う。。。。

 

子どもはママが大好きです。

常に意識しています。

褒められたい、認められたい。

そう思っているし、

ママが期限が悪くなるようなことはしたくない。とも思っていたような気がします。

私はね・・・

 

とにかく、この時期、

いっぱいママが子どもを褒めてあげてください。

それが、心が育つ事につながります。

 

自分を認め、

自分のなかに価値をみつけ、

自分の意志でステキな人生を歩むことができるように、

この時期から、心を育てたい。

 

ピアノの椅子に座れたら、褒めてあげて。

今日も、同じ時間に座れたら、褒めてあげて。

そして、テキストを広げたら褒めてあげて。

ちょっと練習出来たら、褒めてあげて。

10回弾けたら、褒めてあげて・・・・・

 

そうやって、ちょっとしたことにも気づいてあげて、

褒めてあげてください。

 

子どもは、大きなジャンプアップをするのではなく、

一歩一歩成長していきます。

それを一緒に感じて、褒めてあげると、

心が豊かな子に育ちます。

 

褒められると、科学的に言うと、

脳内でドーパミンがどばーーーっと出るそうです。

うれしいっ!って。

 

そして、その行動を記憶して、

また褒められたいので、その行動を繰り返すそうです。

 

それを、そのままピアノにも当てはめるのが、

現代の発達心理学に基づいた子育てですよね。

 

 

何もかも、科学でわかるとは思っていませんが、

わかっていることを利用して、

大きな結果が出せるのであれば、

それを利用したほうが合理的だとは思っています。

 

脳科学、発達心理学の知識を、

ピアノの指導、子育てに応用していくと、

みんなが幸せになれる。

 

ピアノは、子育てそのもので、

どの習い事にも勝る素晴らしい成果がある。

 

というお話を聞いて、

ますます、気持ちが引き締まった私です。

 

 

 

こんな私を応援してください

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

 

 

 

 

               






これをクリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




こちらからコメント送信してください。


3 件のコメントがあります。