音が「だんだん」大きくなるということを、ちゃんと体験してみよう。

2016 2月 26 レッスンの風景, 教材 , , , 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by プリンセス・ポポちゃん

音は目に見えないものです。

 

これが、とても曲者で、わかりにくいところです。

それでも、その眼に見えない音を使って、

どう表現していくのかを指導しなければなりません。

 

 

なので、私は「音の可視化」ということを、

いつも頭においています。

 

 

音が見えるものだったら、

もっとわかりやすいはずだからです。

 

 

 

そのために、色んなモノやおもちゃを使って、

目に見える形に置き換えて説明したり、

体験してもらったりするのです。

 

 

「だんだん大きくなる」クレッシェンドや、

「だんだん小さくなる」デクレッシェンドは、

音楽の中ではよく出てきますが、

 

 

この、「だんだん」っというのが、わかりにくい。

日常生活の中で、「だんだん」っていうのが、

あまりないから、らしいです。

 

 

 

なので、「だんだん」を体験してもらうために、

私は、コレを使います。

 

 

「スフィアボール」

 

 

コレね。とてもいい!!!

コレを使って「だんだん」とはどういうことなのかを、

体験してもらうと、

 

 

「あ~~~。そういうことね。」

って顔をしてくれます。

 

 

やっぱり、体験ですよね。

やったことがないことは、わからない。

知らないことは、できないです。

 

 

 

 

 

 

そしてこのボールを上に向かって投げると、

ふわっと開くんです。

 

そして、キャッチすると、また元の小さい大きさに戻るの。

 

 

音楽の「アップのエネルギー」を感じるのにも、

わかりやすいおもちゃなんです。

 

 

上に上がった時の、開放感って、

音楽の表現では、とても大事なこと。

 

 

それが、ちょっとおもちゃで遊んだら、

カラダがわかる。

 

 

 

あ~~、

これだから、おもちゃを使った指導は楽しいっ!!!!

 

 

 

 

ただいま ♪ふるもりポポピアノ♪ では、

無料体験レッスンのキャンペーン中です。

無料体験レッスンを試してみませんか?

お問い合わせはこちらより。

campaign

これをクリックして私を応援してください。

にほんブログ村 子育てブログへ

 

«  音が「だんだん」大きくなるということを、ちゃんと体験してみよう。  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.