舞台での一番の敵は、「緊張」だと思う。




音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






コンクールの舞台で、

次から次へと子どもたちが課題曲を弾く姿を見ていると、

本当にいろんな演奏があり、興味深く、そして微笑ましく思います。

 

 

カチンコチンに緊張している子もいて、

そんな子は、ステージに出てくるところからカチンコチンで、

歩き方さえぎこちなく、

表情も険しく、もちろん余裕なんてない・・・・様子です。

 

 

で、そのまま、カチンコチンになってお辞儀をして、

カチンコチンのまま椅子に座り、

カチンコチンの演奏をはじめて・・・・・・・

 

 

あぁ・・きっと、頭の中、真っ白になってるんだろうな・・・・

って察しがつくような演奏をしています。

 

 

お家ではもっと気軽に弾いていて、

もっとのびのびと演奏できて、

ここは、もっとこ~んな風に弾けてて、

次はもっと豊かに歌って・・・・・・・いたはずなのに、

 

 

ぺろんと間違ったりしちゃうんですよね。。。。。(ToT)

 

 

つい先日も、そんな光景を目撃してしまいました。

 

 

っとなると、あれだなぁ。

本番の一番の敵は、 緊張 だなぁ・・・・って思いました。

ホントに。

 

 

緊張しているか否か。

それは、ステージに登場してきた瞬間にわかります。

お辞儀した瞬間も、

椅子に座った瞬間も、

最初の音を出す瞬間も。

 

演奏が始まると、徐々に平常心を取り戻す場合もありますが、

大抵の場合は、その前に曲が終わってしまいます。

 

 

あぁ、緊張さえしなければっ!!!

 

 

私は、今となってはもう殆ど本番で緊張することがありませんが、

こう見えて、小さい頃は、超緊張カチンコチンマンでした^^

 

いや、ちがうかも。

おとなになってからも、随分長い間、

超緊張カチンコチンマンでしたね・・・・・・

 

 

なので、本番で満足できる演奏なんて、

なかなかできなかったです。

お家で、鼻歌まじりに弾いていた時の方が、

ずっと気分よく弾けたし、きちんともできてたと思います。

 

 

緊張しなくなった理由は、

ステージの経験数だと思います。

そりゃーたくさんの本番を経験しましたので、

ステージに立つということが、あまり特別なことではなくなったのでしょう。

 

・・・それがいいことかどうかは別として。

 

 

 

それともう一つ。

 

ステージに出て行く時の歩き方が、変わったと思います。

これは意識的に。

 

 

かっこよくステージに出て行きたかったのです。

自信なさげにとぼとぼと出て行くのでは無く、

さっそうと。

 

 

私はただでさえ小柄なので、ステージでは貧相です。

宝塚の男役のように、華があるわけでは無く、

歩幅だって狭いので、ちょこちょこ見えていると思う。

 

 

それが いやだったのーーーーーーーーーー。

 

舞台で大きく見せたい。かっこよくありたい。

そうすると、今から始まる演奏が、

なんだか素敵そうに感じられて、わくわくする。・・・・・・・・はず。

 

 

っと自分で考えて、

意識的に歩き方を変えました。

舞台の袖から出て行く時に、

堂々と、姿勢をカッコよく、歩幅も広く!

 

 

そうすると、緊張しなくなってきたんですよね。

不思議なもので。

 

 

リトミック的な見方をしてみると、

 

緊張する → だから カラダが超緊張カチンコチンマンになる

 

のではなく、

 

カラダが超緊張カチンコチンマンになる 

  → だから 緊張する

 

なのだと思うんです。

 

 

 

脱力と言うのは、楽器を演奏する人たちにとっては、

すごく大事な問題で、クリアすべき問題です。

どんな楽器でも。

 

 

きれいな音を出すためには、脱力しなければいけません。

そして、緊張なんてしてたって、

いつものような演奏もできない。

 

 

適度な緊張感は、本番のエッセンスとして必要だとも思いますが、

超緊張カチンコチンマンなんかになってたら、

だめなんですよぉぉぉぉぉぉ。

 

 

姿勢、歩き方、表情・・・などが

メンタルに与える影響は、

思っている以上に大きいように思います。

 

 

コンクールに出てくるまでには、

たくさんの練習をやってきたはずです。みんな。

どの子も一生懸命に練習してきたはず。

 

 

せっかくの練習の成果を発揮できないなんて、

残念すぎます。

 

 

 

私は、今回の事をきっかけに、

本番での姿勢とか、歩き方とか、手の振り方とか、表情とか、

そんなことをもっと たっぷり指導していこうと思いました。

 

 

みんなに素敵な音楽を聴いて頂けるように!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

こんな私を応援してください

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

 

 






クリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村




音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.