先生に言われたからやっているという感じで、 無表情でやってる子。なんだかなぁ・・・




音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






この季節は、運動会シーズンでもあります。

私が指導に行っている保育園も、

運動会の練習をしているところが多いです。

 

 

そこで、お遊戯をしたり、合奏をしたり、

いろんなプログラムがあって、

もう、みているだけでかわいいっ!

 

 

・・・・・・のだけど、

音楽指導の目で見ると、いろいろ気になることがあります。

 

 

まず、いろんなことを楽しんでやってもらいたいです。

先生に言われたからやっているという感じで、

無表情でやってる子をみると、

それはなんだかちがうんじゃないのかなぁ・・・って思います。

 

なにが楽しいのか、感じられないままに事が進んでいって、

どうでもいいことになってしまっているようで、

あぁ、音楽って本当はそんなことじゃないのになって思います。

 

 

みんなで一緒に音楽をするということは、

本当は、とても楽しくて幸せなことです。

私は、みんなで音楽をすることが大好きで、大好きで、

だからいつも、そんなチャンスを探しているように思います。

 

 

Šî–{ CMYK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、その楽しさをわからないなんて、もったいないよ~~。

もちろん、その楽しさを伝えるのが、

私のお仕事だと思っていますので、

そこは、しっかりと伝えていきます。

 

お遊戯とか合奏とかって、

「みんなと」一緒にやることが楽しいのに、

自分の世界だけで完結してしまっている子がいます。

結構、いっぱいいます。

 

 

間違えないようにすることに必死な子。

流れ作業のようにひたすらこなしている子。

 

それじゃー、楽しくないよね。。。

 

 

「お友達の音を聴いてごらん」と言っても、

全く状況が変わらないときには、

「お友達の音を聴く」ということが、

どのようなことなのか、わかっていないということです。

 

ピアノを弾くときにもいます。

メトロノームを鳴らしていても、

そのカチコチ音と別世界で、

自分の演奏を暴走させる子。(笑)

 

メトロノームの聴き方を知らないのです。

合わせるということを知らないのです。

だったら、私が教えなきゃね。

 

 

目に見えない音を聴くと言うのは、ときにとても難しいことです。

まして、それに合わせるというのは、

もっとむずかしい。

 

だから、カラダを使います。

 

お友達と一緒に手を繋いで輪になって、

私が曲を弾くのに合わせて「ジャンプしてね。」

って言います。

ビートに合わせて、飛ぶのです。

 

 

ほらね。子どもたちがすごくいい笑顔を見せてくれる。

音楽って、そこだよなぁ・・って思います。

 

ホントは、こんなに楽しいんだよ、この曲。

みんなで飛ぶと、楽しいよね。

じゃ、もう一回、やってみよう!

 

そうやって、もう一回やってみると、

さっきまでとは全く違って、

ちゃんといい感じにできるんです。

 

時々お友達の顔を見ながら、ニコッとしたりして。

そう。

一人でやってるんじゃないもんね。

みんなでやってるんだもんね。

音を聴いて、お友達をみて、ニコニコして。

 

 

リトミックでやっていることは、

こうやって、カラダにビートを入れながら、

音楽を感じる体づくりをすることです。

 

 

そしてそれは、

リトミックの時間だけにとどまるのではなくて、

こうやって、お遊戯や合奏にも

どんどん応用できるものです。

 

 

私はこうやって、

音楽の楽しみ方、広げ方を伝えて、

子どもたちにいっぱいいっぱい笑顔でいてもらいたいです。

 

 

運動会、がんばって!!!!!

 






クリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ




音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




«  先生に言われたからやっているという感じで、 無表情でやってる子。なんだかなぁ・・・  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.