レッスンの間じっと座れない子には・・・・・THE おしりのおうち




音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






ピアノのレッスンの30分間、

じっと座れない子がいます。

 

私のお教室は、2歳から受け入れているので、

年齢が低い生徒さんはとくに、

「じっとすわっていること」が、難しいこともあります。

 

いいんです。それでも。

 

お教室によっては、

「ちゃんと座れるようになってから来てください」とか、

「おりこうにできるようになってから来てください」といって、

受け入れてもらえないこともあるようですが、

私は、そうとは考えていません。

 

 

だって・・・

2歳や3歳や、場合によっては4歳でも5歳でも、

そうそう じっと座り続けられるもんじゃないもん・・・・

 

そんな子がいたら、むしろ奇跡かも。

 

 

そんなことよりも、

そのこの中のあふれるエネルギーを、

どう 「表現」 に変換していくのか。

そっちのほうが、私達指導者が考えることだと思う。

 

別に、おりこうじゃなくってもいいじゃん。

おとなしく座れなくてもいいじゃん。

心が豊かな子になってもらいたい。

その豊かさを、音楽にのせて表現できるようになってもらいたい。

 

 

もちろん、小学校に入学するまでくらいには、

ちゃんと座れるようになってもらいたいし、

お話も聴けるようにもなってもらいたいので、

そこを目標にはしますけどね。

 

だからといって、

最初からできなくてもいい。

まだ、今はできなくてもいい。

一緒に、練習していけばいいことだし、

音楽は、別に座ってしかできないことじゃないから。

 

 

で、

私がよく使うのが、これ。

IMG_2685

 

 

 

 

 

 

 

 

A4の紙に、書いたものなんですけどね。

これを、ピアノの椅子の上に置いて・・・・・

 

IMG_2684

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、あなたのおしりのおうちは ここよ。

ちゃんとおしりは、ここにくっつけておいてね。と。

 

 

最初は様子を見ながら、

この紙を気にしながら、

恐る恐るこのおしりのお家の上に座ってますけどね。

 

 

すぐに、立ってウロウロしたりしちゃうんです。

 

 

「あ!! おしりがお出かけしてる!いなくなってる!」

 

っと私が言うと、慌てて戻ってきたりするんです。

きゃははは。かわいいわぁ。

 

 

「ちゃんと座りなさいっ!」

「ほら、また、立ってる!」

 

って ガミガミ言うよりも、効果的だし、

私もその子も、楽しみながらなので、

イライラもしないし。

 

我ながら、ナイスなアイデアではないかとw

 

 

中には、「おうちをこわそう」

と言って、私の目を盗んでこっそり 紙を破く子も・・・・

2015-04-09_005923

 

 

 

 

 

 

 

 

ぎゃはは!

まーったく、何をやってるのやら。

 

子どもの破天荒な想像力にであうのって、

すごく楽しい。

 

 

「うわ。おしりのおうちをこわしたなーーーー。

 じゃ、おうちが壊れるときの音楽をやってみようか・・・」

 

とかって、リトミック的表現の指導につなげたり、

 

 

「うわ。おしりのおうちがこわれたので、

 先生は、しょんぼりした気持ちになってきた。

 ね。ぶんぶんぶんを、しょんぼりしたきもち(マイナー)で、弾いてみて。」

 

とかって、転調の練習につなげたり、

 

 

音楽的な活動につなげる要素って、

生活の中にどれだけでもある。

それは、指導者のアイデアと力量次第だと思ってるし、

そこに、手を抜くべきではないと思ってる。

 

 

音楽は、柔軟に楽しめるものだし、

そうやりながら、遊びのように見せかけながら

チカラをつけていけばいいんじゃないかなと、思っています。

 

 

座れるようになった人だけができることでもないし、

おりこうさんだけが、学べるものでもない。

 

もっと、日常に愛と楽しさと音楽を!!!!

 

 

 

 

 

こんな私を応援してください

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村






クリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ




音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.