わざわざ間違えるようになるための練習をしちゃいましたね・・・・それは・・

2014 9月 02 レッスンの風景, 指・手・体, 音楽への想い , 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by プリンセス・ポポちゃん



音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






曲を弾くときに、何を考えて弾き始めていますか? 
作曲家の想いだったり、 
その曲の香りだったり、 
季節や風の温度、色、 
感じられることはたくさん、たくさん、あると思います。


曲の時の流れを感じて、 
それに身を任せ、 
ふっと、その流れにのっかるように、 
演奏を始めてください。 


音楽は、波。 


ずーっとずーっと、 
あなたの近くを流れているものです。 

 

そーーれーーーなーーーーのーーーーーーーにーーーーーーーーーっ 

 

何の用意もなく、唐突に、 
ただ、ジャカスカ乱暴に弾き始める人がいます。 

 

おまけに、自分が得意なところは速く、 
苦手なところはゆっくり弾くという・・・・・・ 

 

ちょっと待ていっ!!! 
なんじゃそりゃ???? 

 

しかも、音のつぶはそろっていないし、
ガタガタですよーーーー。 

 

スラーを感じていますか? 
指の番号は守れていますか? 


あららららららららら・・・・・・
 全て、めちゃくちゃじゃーないですかっ!!!!!! 

 

なーにやってんだか。。。。。。。。(ToT) 

 


1週間、まさか、まさか、 
そんな感じで練習してたんですか? 


ひっじょーに、残念ながら、 
その練習って、なんにもなってませんよ。 
いえ、なってた、なってた。 

わざわざ間違えるように、
わざわざ汚い演奏になるように、 
そのための練習を、やっちゃってましたね。 


(ToT) 限りなく、残念です。 

 


ほらほらほら・・・・ 
いつも、同じ所を間違えちゃうでしょ? 
でも、ガガガッと弾きなおして、
そのまま突き進んでる。 

 

あーあ・・・1週間、やっちゃったね・・・・ 


同じ所を間違えるための練習です。それは。 

 

間違えるのには、理由があります。 
それを解決しないことには、問題はそのままなので、 
また、同じ所を間違えちゃう。 ね。 

 

片手ずつ、ドコがどういう原因で間違えてるのか、 
なにがいけないのか、 
ちゃんと、原因探しをしてください。 


ま・・・大抵の場合、 指の番号がおかしいことが多いんだけど・・・・・ 


だから、だから、 指の番号って、
ほんと、思っているよりも大事なことなんです。 

 

片手ずつがちゃんとできるようになったら、 
ちゃんとよ。ちゃんと。 
大体、とか、まあまあじゃ、ダメ。 

 

ちゃんとできるようになったら、 
両手でやってみて! ゆっくり、ゆっくり、ゆっくりです。 

 

今、やってることの目的は、
 「間違えないようにすること」 これだけです。 


身体に覚えさせるんですよ。 
正しい動きを。 


なので、速くする必要はないんです。 
速くやっちゃって、まちがえちゃうようなら、 
身体は、その間違ったことを覚えてしまうから。 


今は、テンポは関係なく、
 「間違えないこと」に集中してください。 
かたつむりよりも遅くていい(笑) 

 

「間違えないでできるテンポ」を探して、 
確実にやってください。 

 

だ~って考えてみて! 
ゆっくりで できないことが、 
速く、できるわけないじゃん!!! 

 


そうやって、ゆっくりだけど、
「確実にできる」 ところまでできるようになったら、 
その次に、ちょっとずつテンポを上げていけばいい。 


テンポを上げることなんて、実はそんなに難しいことじゃない。
 問題は、そこじゃない。 

 

たくさんの曲を弾いていくうちに、 
どうしても、自分にとって弾きにくい箇所はでてきます。 
そこは、他の箇所よりも丁寧に、深く、何度も練習する必要があります。

 

ただ単に、指が動きにくいというところもあるでしょう。 
どうしても、フレーズを歌いにくいというところもあるでしょう。 
右手と左手のバランスをとりにくかったり、 
遠くの鍵盤に飛ぶのが不確実だったり、
音楽の流れがつながらなかったり・・・・・・ 


問題はたくさんあると思います。 
(#゚Д゚)y-~~イライラ することだってあるわよ。そりゃ。 

 

でも、そうやってその曲と向き合いながら、 
自分の音楽を作っていくんです。大事に。 

 

速く弾ければいいってもんじゃーありません。 
スピード競争じゃーありません。 

 

日頃から、あらっぽい演奏ばかりしていると、 
心が荒っぽくなります。 


がさつな心では、がさつな演奏しかできません。 

 


この曲を作ってくれたのは、誰ですか? 
いつ、作られた曲ですか? 


何百年も昔に作られた曲を、 
遠い異国の地で、 
今、私達がここで弾くって、
スゴイ神秘を感じませんか? 

 


そんなことを考えたら、 
1個1個の音がとてもいとおしくて、 
大事に思えてきて、 
とても乱暴に演奏する気持ちになんてなれません。 ・・・・私はね・・・ 

 


どうか、音楽ともっと、 静かに、大切に、むきあってください。

 

 

 

こんな私を応援してください

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ






クリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ




音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.