とんでもないお歳暮を頂きました。もう・・・・私は・・・・・

2015 12月 30 レッスンの風景 , 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by プリンセス・ポポちゃん



音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






この季節、たくさんの贈り物を頂いています。

ありがとうございます。

プレゼントを頂きながら、年末なんだな~っと感じています。

 

 

 

今年はなんと、このお仕事を続けてきて

最年少、6歳の生徒さんから直接、お歳暮を頂きました  ヽ(=´▽`=)ノ

 

 

「せんせい、これ。オセイボです。」

IMG_3805

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん??

なんだ・なんだ?

どういうことなのかな??

オセイボって、意味、わかってるのかな??ははは。

 

 

っと思ってビックリ、ニヤニヤしてしまったのだけど、

本人はいたって本気みたい。

 

 

「これ、私からのオセイボなんです。」

 

 

ちょっとぉ。ウケるんですけど。

そんな真剣な顔で(笑)

 

 

 

そしたらママが、

「なんか自分で作っていましたので、先生どうぞ。」 と。

 

 

 

あら、そうですか。

じゃぁ、頂きます。

 

「ありがとう。あけてみてもいい?」

「うん!!」

 

 

・・・・・・・・・・・・・開けてみました。

 

 

まず、出てきたのは、何かなぁ‥‥‥‥‥??

 

IMG_3806

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「せんせい、これね、光る石! きれいでしょ。」

 

 

あーーーーーねーーーーーーー。

そうか、そうきたかー。

石ね。石が好きなのね。

うん、わかるわかる。

いるよね。そういうタイプ。

 

 

実は、わが子も石を集めるタイプの子で、

机の引き出しを開けたら、

中身は全部、石でした (ToT)

 

おーーーい。お勉強道具は??

この石、どこから持ってきた????

って感じの不思議な子でした。

 

____________ なつかしいなぁ。

 

 

 

Mちゃんのママは、

「この子、石が好きなんです。」 と、苦い笑顔(笑)

 

 

いい!いいです!すごくいい!!

 

「きれいな石ね。先生もこんなの好きよ。」と言うと、

きらきらした笑顔をみせてくれました。

 

 

だからさ、光る石よりも、

Mちゃんのほうが、ずっと光ってると思うよ、先生は。

 

 

M 「まだ入っているんだよ。」

私 「あらそうなの?次はなにかなぁ?」

 

IMG_3807

 

 

 

 

 

 

 

 

 

M 「鍵! ビーズで作ったの!」

私 「わあ。かわいい」

 

 

実は私、こんなのにすごく弱い。

子どもの手作り作品ほど、

私のこころにダイレクトに響くものはない。

 

 

キケル。

マズイ。

涙スイッチがはいりそう・・・・・

 

 

平常心、平常心・・・・・・・落ち着け、落ち着け。

 

M 「もう一個あるよ。」

私 「あ、もう一個?さぁ、なにかなぁ・・・・・?」

 

 

IMG_3808

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこへ、妹が急に、

 

「あ、これ、きらきらのスーパーボールだ。

お姉ちゃんのすごく大事なものなんだよ。

一番大事にしているボールなんだよ。

すごく大事なものを先生にあげたんだよ。」

 

 

 

きゃーーーーーーーーーーーーーーもうやめてぇぇぇぇぇぇ

泣けるぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ

 

 

どんな思いで、このオセイボを作ってくれたのでしょう。

一番大事なものを、ピアノの先生である私に

プレゼントしようと決意してくれたのでしょう。

 

 

私は、どうやって

この子の気持ちに応えればいいのでしょう。

音楽を通して、私とこの子の間に、

こんなつながりができていただなんて!

 

 

幸せすぎる。

危険なオセイボです。

 

 

姉妹とママが帰った後、

とんでもないオセイボを握りしめて、

号泣しちゃったじゃないかーーーーーー!!(笑)

 

 

 

「だれかのために」 って、

とても素敵な気持ちだと思う。

 

私達のような音楽家は、

自分のために演奏することよりも、

誰かのために演奏することのほうが多い。

 

 

とは言っても、

誰かのための演奏が、

実は何よりも自分のための演奏になったり、

一番自分が癒やされることになったり、

恵みをいただくことになったりもするんだけど。

 

 

誰かのために。

「自分が一番」じゃなくて、誰かのために。

 

そんな気持ちになれるって、素敵だよ。Mちゃん。

音楽を通して、

そんな経験ができるように、指導していきたいなぁ。

豊かな心を育てるって、

こういうことをいうんだよなぁ・・・って強く思いました。

 

 

 

ありがとうMちゃん。

大事にするね。

 

 

 

この記事がなにかお役にたてましたら、

これをクリックして、私を応援してください

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ






クリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ




音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.