ホントは生徒に見せたいピアノの中

2015 11月 17 楽器のお話 , , , 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by プリンセス・ポポちゃん



音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






ピアノは弦をハンマーでたたいて音を出します。

88個ある鍵盤にそれぞれ弦が、

最低音域では1本、低音域では2本、中音域以上では3本張られていて、

弦の総数は200本を超えます。

 

 

しかも、最低音域の弦は、導線を巻きつけたぐるぐるな弦になっています。

弦はフレームについているチューニングピンで張られていて、

1本あたりの弦を引っ張る力(張力)は

70~80kg重程度で、全弦の張力の合計は20トン重にもなるのだーー!!

 

 

 

20トンって・・・・・

ぞうさん1頭でも、大きくても6トンとか7トンとか、

そのくらいでしょ。確か。

 

 

 

私のピアノの中に、

ぞうさんよりも大きなチカラが存在しているとはね・・・・・・・・

 

 

 

それで、そんなぞうさん力でひっぱっているので、

それは時間とともにゆるんできます。

そうすると、音が狂ってくるんです。

 

 

 

なので、定期的にメンテナンスが必要なんです。

これを調律と言います。

もちろんレッスンの時間外に行います。

 

 

 

でもね・・・・・・

本当は、私はこの調律の現場を

生徒さんたちにも見せたいんだよね・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

私が子どもの頃、

自分のピアノを調律している様子を見るのは、

1年に1度の楽しみでした。

 

 

音がみるみる変わっていって、ピンと合う瞬間!!

すっと気持ちが良くなる瞬間なんです。

 

そうか、ピアノって、本当はこんな音だったんだって。

 

 

 

 

ヴァイオリンなどの弦楽器や、

トランペットなどの管楽器は、

演奏のたびに、その場で自分の音を調律するんです。

 

でも、ピアノはそんなことはできません。

だったらせめて、

調律の瞬間だけでも、心を込めて立ち会ってもらいたい。

 

 

調律師さんが、どんな思いで音を整えてくれたのか

このピアノを、どんなに大事に扱ってくれているのか、

その様子を見ておいてもらいたい。

 

 

 

 

そして調律の日には、

ピアノを分解して、ピアノの内部を見ることもできます。

調律師さんは、ピアノのドクターですので、

構造やお手入れについても、教えて下さいます。

 

 

ピアノって鍵盤のフタを開けると、こうなっています。

IMG_3620

 

 

ちょっといつもとは違って見えますよね。

白いところだけを鍵盤だと思っていませんか?

もっとずっと奥まで鍵盤なんです。

 

 

そして、この鍵盤は、ズリズリっと手前に引き出すことができるんです。

 

 

IMG_3621

 

 

おおおおおおおお!!!!

なんだか、メカニカルだ!!!!!

 

 

鍵盤を弾くと、シーソーみたいにハンマーが上がるんです。

そして、そのハンマーが下から弦を打ち上げるんです。

 

 

IMG_3622

 

 

 

左側の、フェルトが丸くついている部分が、弦にあたる部分です。

 

 

今回は、調律師さんにお願いして、

この撮影にご協力して頂きました。

ありがとうございます。

 

 

 

私のピアノの中は、このようになっています。

中を見ると、

毎日、この子たちがピアノの音を出してくれているのかと思うと、

なんだか我が子を見るような、愛おしい気持ちになります。

 

 

この子たちを相手に、

雑な演奏なんて、できないよね。

丁寧に、心を込めて弾きたいよね。

 

 

何かを大事におもうことと、

音楽を大事に演奏することは、

つながってると思うのです。

 

 

 

だからだから、

ホントは生徒に見せたいピアノの中!!

 

 

 

 

 

 

この記事がなにかお役にたてましたら、

これをクリックして、私を応援してください

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

 






クリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ




音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.