ピアノは、ピアノの音しか出ないのか?

2011 7月 21 楽器のお話 , , 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by プリンセス・ポポちゃん



音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






ピアノは、ピアノの音しか出ないのか?

 

ヴァイオリンの音や、トランペットの音はでないのかな?

 

 

ま、ね。
ピアノの音はピアノの音。


…なのかなあ~。

 

 

 

ピアノの鍵盤は、88鍵あります。
その音域は、オーケストラで使用される
全ての楽器の音域をカバーできます。

 

 

もちろん、
人の声域も、カバーできます。

 

これが、
ピアノは楽器の王様だ
と言われる所以。

 

 

私たちピアノ弾きは、
ピアノから、様々な音を引き出す。
引き出したい。

 

 

そう、いろんな音を出したい。

 

 

ヴァイオリンのように、流れる音や、
トランペットのように、華やかな音。

 

コントラバスのように、深く豊かな音や、
フルートのように、明るく軽やかな音。

 

そう、場面によって
いろんな音を出したい。
だって、楽器の王様だもの。

 

 

そのために、
手や指の形を研究したり、
タッチにこだわったり。
ピアノ弾きは、追求します。

 

 

モーツァルトやベートーベンの時代より、
ピアノは、すごく進化しました。
大きな音が出るようになりましたし、
なによりも、表現が豊かになりました。

 

 

現在のピアノを弾いたら、
ビックリするでしょうね。

 

 

そんなピアノを、弾ける事に感謝!

 

 

そう、ピアノは、ピアノ以外の音も出せるのです!

 

 

ピアノ、ばんざい!
ピアノ、だいすき!






クリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村




音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.