天国のパパ、今まで、私に音楽をさせてくれてありがとう。

2012 9月 02 音楽への想い 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by プリンセス・ポポちゃん



音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






9月1日・・・・
今日は、私の父の命日です。

 


7回忌の法事がありました。
・・・もう、6年になるのね・・・・

 

 

癌だとわかって、8ヶ月の闘病生活でした。

 

その間、家族は泣いたり、悔やんだり、諦めたり・・・・
心の準備をしなきゃいけない期間でした。

 

 

実は、私には、どうしても伝えたい言葉がありました。

 

 

「今まで、私に音楽をさせてくれてありがとう。」


そう、言いたかったのです。

 

 

 

 

転勤族だった父は、1~2年おきに転勤しました。
もちろん、ピアノも持って回りました。
そのたびに転校しました。
ピアノの先生も変わりました。

 

 

子供だった私には、それがどんなに大変なことだか
よくわかっていませんでしたが、
今になって思うと、大変だったと思います。

 

 

お金もかかったでしょうし、
時間もかけてもらったと思います。
音大まで出してもらって、
今、このお仕事ができているのも、
私が音楽を学ぶことを絶やすこと無く支えてくれたからなんです。

 

 

わかっています。
だから、言いたかったんです。

 

 

「今まで、私に音楽をさせてくれてありがとう。」 
そして、「これからも、がんばるから安心してね。」って。

 

 

でも、どうしても言えませんでした。
毎日、今日は言おう、今日は言おうって思いながら、
それでも、どうしても口に出せませんでした。

 

 

だって・・・・
そんなこと言っちゃったら、
なんだか最後の言葉みたいで、
それを聞いたら、パパが、
それでもう 次の日には死んじゃいそうな気がして。

 

 

だから、怖くて言えませんでした。

 

パパの魂に、終わりを告げるような気がして。

 

 

そして、私は、一番伝えたかった言葉を告げぬまま、
パパは、目を閉じてしまいました。

 

 

ホントは言いたかったです。
大きな声で言って、最後に甘えたかったです。
パパも、聞きたかったと思う。

 

 

でも、私は娘としての、
最後の親孝行さえできませんでした。

 

 

後悔、後悔、後悔、後悔、後悔、後悔しました。。。。

 


言えばよかったのに。
もう、二度と言えないのに。
どうして、言わなかったんだろう。
悔やんでも悔やみきれない気持ちに・・・

 

 

 

 

この話、実は、誰にもしたことありません。
あまりにも自分にとって、大きくて重い出来事だったので、
誰かに聞いてもらうことさえ、
ためらわれたのです。

 

 

今さら、届かないかもしれないけれど、
パパ、
今まで、私に音楽をさせてくれてありがとう。
感謝しています。
今日の私があるのも、パパのおかげです。
ちゃんと、ありがとうも言えずに、ごめんなさい。

 

 

・・・・私の気持ち、6年越しに届くといいのだけど。

 

 

 



にほんブログ村
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます






クリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村




音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.