ピアノ伴奏って楽しくてヤミツキになる。

2016 8月 04 音楽への想い , , 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by プリンセス・ポポちゃん



音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






ピアノっていう楽器は、1人で演奏できるし、

オーケストラの全部の楽器の音域をカバーしているくらいだから、

ピアノだけで音楽が完結もできます。

私はひとりでピアノを弾くことが大好きだし、

ピアノ・ソロには、ピアノソロの魅力があります。

 

でも、ちょっとそこが落とし穴でもあって、

独りでできるから、孤独でもあるし、

独りよがりになってしまったり、

自分勝手な音楽になってしまったりしてしまう気もするんです。

 

 

とても幸せなことに、

私はアンサンブルの機会にたくさん恵まれました。

 

バンドのキーボード

管楽器の伴奏

弦楽器の伴奏

独唱の伴奏

合唱の伴奏

 

どれもこれも、

やればやるほど楽しく、おもしろく、奥が深く、

勉強になります。

 

そして、その全てが

結局私のピアノに大きな影響を与えてくれました。

 

 

歌や管楽器、弦楽器って、ピアノとは全然違って、

まず「音づくり」からはじまる。

音のピッチを作り、質を作り、響きをそろえ、みんなと揃えていく。

 

この作業がね、私にとっては衝撃でした。

そして、自分がいかに「音を出す」ことに

無頓着で無防備だったのかということを、思い知らされました。

 

ピアノ以外の楽器を演奏する人たちは、

とても音に対して神経を尖らせているように見えて、

私は、とても恥ずかしい気持ちになるんです。

 

ピアノも、もっと、

1音1音を大事にして、丁寧に弾きたいなあ。

 

 

今日は、合唱コンクールの伴奏をしました。

合唱の伴奏を通して、

たくさんの歌の先生方との出会いがあり、

それぞれの先生方の指導法を見せて頂ける事にもなりました。

それが、ピアノ指導者の私にとって、

どんなに大きな財産であることか!

 

 

 

音楽の一番基本になるところは、歌だと思います。

どんな楽器の演奏にも歌心は必要だから。

 

 

私のようなピアノ弾きは、誰かの伴奏をすることで、

ピアノだけしていたのでは到底わからなかったであろう

音楽のたくさんのことを学びました。

 

 

この合唱部と出会ってもう10年。

たくさんの曲を一緒に歌ってきました。

自分一人では味わえないような喜びや感動もありました。

 

私は、伴奏が大好きです。

誰かと一緒に音楽をすることが大好きです。

これからも、いろんな人と一緒に音楽をやっていきたい。

 

 

今日は、一緒に演奏できて幸せでした。

ありがとうございます。

まだまだ、いっぱいやりたい!

IMG_5412






クリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ




音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.