4拍子の曲なのに間違って3拍子で弾いてしまったときの改善に、ドレミファキャットを使いました。




音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






時々いるんです。

4拍子の曲なのに、3拍子で間違えて弾いちゃう生徒さん・・・
4拍子の4拍目が休符の時は、要注意。
 
 

一度カラダが覚えてしまった拍子を訂正するのは難しいけど、
今回は、ドレミファキャットにお手伝いしてもらいました。

 

 

 

要するに、

休符をちゃんと意識できるかどうか

なので、こんなニャンコを使うと、

絶対に意識しないではいられません。ヘンテコすぎておもしろくて(笑)

 

 

 

「楽譜をよく見なさい!」

「休符がここにあるでしょう!」

「4拍子って書いてあるでしょう!!ちゃんと感じてっ!!」

 

とガミガミしちゃうのではなく、

 

「このマーク(4拍目の四分休符)のところで、ニャンコがなくよ。」

 

このひと声で、一発解決です。(*^^)v

 

 

 

 

このニャンコは頂きもので、

手触りも良くて可愛くて、お教室でも人気者です。

 

 

可愛いだけじゃなくて、しっかり働いてもらいます。くっくっく。

 






クリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ




音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




«  4拍子の曲なのに間違って3拍子で弾いてしまったときの改善に、ドレミファキャットを使いました。  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.