羽生結弦はノーミスで世界最高得点で優勝しました。なので♪ふるもりポポピアノ♪では・・・

2015 12月 01 レッスンの風景 , 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by プリンセス・ポポちゃん



音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






ちょっと見ましたぁ?
フィギュアスケートのグランプリシリーズ最終戦NHK杯。

 

羽生結弦が世界最高得点となる322.40点で、
優勝しましたね=。

 

 

夢の様な演技でした。
私はスポーツマンでもないし、
スケートもできないけど、
羽生結弦のスケートには音楽を感じるので、心惹かれます。

 

 

いや、ほんと、見る目もないし、
回転だって、何回転したのか、
ちゃんと見ててもわかんないですよ。
こっちのほうが、目が回りそうで。ははは。

 

 

ただ、私がわかるのは、
羽生結弦の表現力と音楽性。
ソコだけです。

 

 

王子様のようなマスクから、
草食系男子だと思われることが多いようですが、
いやいやいやいやいや・・・・・・・
彼は、肉食系でしょう。猛獣級の。
じゃないと、あんな演技はできない。

 

 

その彼が、
「血がにじむような努力をした」と発言しました。

 

 

・・・・・通常、自分で言うか?こんなセリフ・・・・
自分で、血がにじむような努力をしましたなんて、
言えないでしょ。
でも、言っちゃうんだな。
言えるぐらいやったんだと思う。

 

 

すごいな。それ。

 

 

私も、だれかに
「私がんばったよーー。みてーー。認めてーー!」
って言いたいこともあるけど、
でも、「血がにじむような・・・・・・」とは、
なかなか言えないな。

 

 

だって、いつもどこかに
自分の逃げ場を確保しているようで、
ちょっと手を抜いているようで、
そんなんじゃ、血なんてにじまないしなぁ・・・・

 

 

今回、世界最高得点をゲット出来たのは、
解説によると、4回転がなんとかとか、
トリプルルッツ?トリプルアクセル?
何度も聞く技の名前も、よくわからないんだけど、
でも、「ノーミス」だったということだけは、
私にもわかります。

 

 

ノーミス。

 

 

スケートだけじゃなくて、
私達音楽家にとっても、
ノーミスというのは、難しいことです。

 

 

本番の演奏を、ノーミスでやるというのは、
アタリマエのことなんだけど、
なかなか難しくて、
私も課題の一つでもあります。

 

 

練習ではできることが、
ペロっとできなくなっちゃうのが、本番。

 

 

本番には魔物がいる・・・

 

 

だから、練習をしっかりしないといけない。

それは、スケートも音楽も同じ。

 

 

 

 

っということで、(実は、ここまでが前フリです。長っ(笑)

 

 

今週の ♪ふるもりポポピアノ♪ の目標は、これ。

 

IMG_3716

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「はにゅーゆづるは、ノーミスで世界最高になりました。

 なので、あなたも今日はノーミスで弾きましょう!」

 

 

 

っと生徒さんに話すと、

 

「うん、やってみる。」 と言う子や、

「いやいやいや・・・・それは・・・・・」と言う子も。

 

 

 

ちょっとまった!

なにが、「いやいやいや・・・・」なのよぉ??(笑)

 

 

生徒 「だって、あの人は特別な人で・・・・・」

 

 「は?なにが特別なのよ。あなたも特別よ。」

 

生徒 「いや、違うし・・・・・」

 

 「ゆづるにできることが、あなたにできないはずはないっ。」

 

生徒 「いやいやいやいや・・・あの人と私は違うし・・」

 

 「いや、違わないし。あの人もあなたも、アミノ酸で出来てるし。」

 

生徒 「そーゆーことじゃなくて・・・・・」

 

 「私たちはスケートはできなくても、ピアノはできる。

彼は、スケートでノーミス。

私たちは、ピアノでノーミス。」

 

生徒 「いやぁ・・・・・・」

 

 

 

ははははは・・・・・・。

つべこべ言わずに、いいから、やってごらん!

 

 

 

 

生徒、仕方なく演奏・・・・・・・。

あ、ミス!

 

 

 「はい、Ω\ζ°)チーン  もう一度。」

 

 

今日は、ノーミスデーですので、許しませんよ(笑)

もう一度始めから。

 

 

 

生徒、仕方なく演奏・・・・・・・。

あ、またしてもミス。

 

 

 

 「はい、Ω\ζ°)チーン  今のはさ、どうして間違ったと思う?」

 

生徒 「ここ・・・かなぁ・・・」

 

 「うん、ソコを間違ったよね。それはどうしてだと思う?」

 

生徒 「???????」

 

 

 

あーーー、ねーーーーー、なるほどね。

間違えた理由がわかってない。

そんなことじゃ、また同じ所で間違えちゃうよ。

 

 

 

 「ソコを間違えたけどね、原因はそこじゃなかったよね。

1小節前の指の番号を間違えたでしょ。ここね。

だからそれが原因で、ここを間違えちゃったんだと思わない?」

 

生徒 「あ。そうだ。」

 

 「でしょ。だから、そこを間違えないように、

指の番号のところに、なにか自分なりにマークをつけたらいいんじゃないかな?」

 

 

っと、原因と対策を指導しました ( ー`дー´)キリッ!!

 

 

 

そして、再度チャレンジ。

生徒は、慎重に演奏を始めました。

 

 

 

 

 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・ノーミスで演奏できたじゃん!!!」

 

 

 

満足そうに、そしてちょっと恥ずかしそうに笑顔をみせてくれたAちゃん。

ね、できる。できるよ。

意識すればできる。

ノーミスでできる。

 

 

なんと昨日のレッスンでは、

全員がノーミスで演奏することができました。

 

 

 

 

こりゃぁさ・・・・・・

私も指導方針をちょっと見直す必要があるなぁ。

やればできるじゃん。

もっとできる。

もっと要求できる。

もっと上手に導ける。

 

 

 

ありがとう。羽生結弦!

あなたのおかげで、

♪ふるもりポポピアノ♪ には、新しい風が吹く。

 

ノーミスばんざーい!

世界最高~~~~~~~~~~!!

 

 

 

あ。今日も、明日もやりますよ。

ノーミスデー♥

 

 

 

 

 

 

この記事がなにかお役にたてましたら、

これをクリックして、私を応援してください

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ






クリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ




音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




«  羽生結弦はノーミスで世界最高得点で優勝しました。なので♪ふるもりポポピアノ♪では・・・  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.