[びっくり動画]ギターの中から見た弦のうごき

2011 7月 22 楽器のお話, 音楽を科学する , , 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by プリンセス・ポポちゃん



音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






 

びっくり動画 見つけました。
ギターの中から見た弦の動き。

 

 

まずは、見てみてください

 

 

ね、面白いでしょ。
撮影しているカメラのフレーム数が追いつかないと、
こういう風に写ります。

ここに、解説があります。

 

人間の目と、機械の目って、
こうも違うのね。

 

 

iphoneって、面白い。
私もやってみようかな。

 

 

ギターの弦は、6本あります。


それぞれ、素材や太さが違うので、
この画像で一概には言えませんが、
なんとなくは、周波数の違いが見えると思います。

 

 

低い音の弦、画面上部では、
周期が長いので、弦がのんびりと震え、
高い音の弦、画面下部では、
周期が短いので、弦は小刻みに震えています。

 

 

1周期の時間が短くなるということは、
単位時間の繰返し数がその数だけ増加するということで、
周波数が高くなるということです。

 

 

周波数が高くなる=音が高くなる

 

これは、大事。
ぜひ、覚えましょう。

 

 

最近話題の、モスキートノイズは、
高周波、つまり、とても高い音ですね。

 

 

夏休みに、こんな音楽科学研究は いかがですか?
全力で、お手伝いしますよ。

 

 






クリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村




音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




«  [びっくり動画]ギターの中から見た弦のうごき  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.