指揮者って、かっこいい

2011 7月 31 音楽への想い 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by プリンセス・ポポちゃん



音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






指揮者って、かっこいい。

 

 

その昔、小沢征爾にハマり、
フルトベングラー、
カラヤンやクライバーや
バーンスタインやベーム、
アバド、ムーティ、
ゲルギエフ、アーノンクール、
バレンボイムや、メータ…。

 

たくさんの鬼才たちに、
夢中になった。

 

 

華麗な指揮、
冷静な指揮、
重厚な指揮、
エネルギッシュな指揮、
獰猛な指揮、
挑むような指揮、
迫力のある指揮、
スマートな指揮…。

 

 

それぞれの個性
めくるめく音楽性。
あ~…素敵ドキドキドキドキドキドキ

 

 

オーケストラや、合唱団がなければ、

指揮者の音楽は存在しません。
オーケストラや合唱団がなければ、
ひとつの音も出せないのが
指揮者です。

 

 

オーケストラや合唱団の中で、
音を出さないパートは
ただ一人、指揮者だけです。
それなのに指揮者によって
音楽は全然違ってくる。

 

 

不思議ですよね。

 

 

合唱団の指揮の場合、
指揮者は、歌の出身、
管楽器の出身、
弦楽器の出身など、
いろんな方がいらっしゃいます。

 

 

これがまた、いいんだなぁ~

 

 

それぞれの楽器の特徴が、
合唱にプラスされて、
なんともいえない、いい味に。

 

 

管楽器の出身の指揮者の時は、
縦のリズムの刻みがはっきりした、
ダイナミックな合唱に。

 

 

弦楽器の出身の指揮者の時は、
横のフレージングが豊かな、
エレガントな合唱に。

 

 

なったりします。

 

 

いろんな指揮者の指揮で、
演奏する機会に恵まれて、
私は、本当に幸せです。

 

 

学ぶものが、多い。

 

 

一つの音楽の表現は、
一つではない。

 

 

多様性を持って、
音楽と、深く、豊かにつながりたい・・・

 

 

指揮者とのお付き合いは、
音楽的に、大きく成長できます。

 

 

 

 

音楽との出会いに感謝。↓応援してください
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 






クリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村




音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.