「大草原の小さな家」ローラパパのヴァイオリンが語ったこと

2016 11月 25 音楽への想い 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by プリンセス・ポポちゃん



音楽を通して脳を鍛え心を育てる
熊本市西区のピアノ教室 ♪ふるもりポポピアノ♪ ふるもりきょうこです。






最近ちょっとハマっている「大草原の小さな家」

朝から、こっそり見ています。

今朝のエピソードが、どうしても忘れられなくて、
一日中、ぐるぐる私の中を巡っています。

 

146340319602099

 

同じところに住むある女性が、

とんでもないことをいい出したのです。

80歳のお誕生日を前に、自分のお通夜をしたいと。

なぜならば、随分長い間、

自分の子どもにも孫にも会えなくて、

それどころか、連絡すらくれなくて生きているかさえわからない状態。

そんな毎日を寂しくてたまらないと感じていながら、

どうしたら良いのかもわからず、

お通夜になれば、さすがにみんなが集まってくれるだろうと、

もう、それしか子どもに会う方法はないと思ったのです。

 

 

死んでから子どもたちに会っても仕方ない。

死んだ私を喜ばせてくれても仕方ない。

生きているうちに会いたい。と。

思い詰めた上での話でした。

 

 

この辺で、泣けました。

実は、以前、私は祖母に同じようなことを言われたことがあります。

 

 

「何日も、誰も尋ねてきてくれない。

何も起こらない。

こんなんじゃ生きている意味がない。

もう、死にたい。」 と。

 

 

その時は、あまり深く考えられず、

「そんなこと言わないで。私も、時々遊びに行くから。」

とだけ、答えました。

 

 

それでも、毎日行くことなんてできなくて、

今思えば、どれだけおばあちゃんの気持ちに寄り添えたのか、

とても自信がありません。

人が大好きで社交的で、とてもやさしいおばあちゃんでした。

どんなに、寂しく、悲しかったことでしょう・・・・

 

 

あの時、おばあちゃんもきっと、

同じような気持ちだったのかもしれません。

 

 

「大草原の小さな家」の女性は、

自分のお誕生日にお通夜を計画し、

やっと訪れた子どもや孫達と再会し、

やっとやっと望みを叶えるのです。

子どもたちも母親の気持ちを理解し、

後悔し、母に感謝し、愛を確かめ合いました。

 

 

その時周りは・・・・・・・

自分のお通夜をでっち上げるだなんて、

とんでもない非常識だと糾弾しました。

一瞬ね。

でも、真実を知り、その気持を理解した時、

ローラのパパがいいました。

 

「さあ、お通夜は終わり。誕生会の始まりだ!」

 

そして、ヴァイオリンを弾き始めました。

みんなは優しくお誕生日と、家族の再会を祝いました。

 

 

・・・・・・・・・・なんというか、

人の心の奥底にある悲しさとか孤独とか、

母親にしかわからない気持ちとか、

そんなことを噛み締めている時に、

このヴァイオリンは、しみました・・・・・・・・

 

涙スイッチ、入りまくる。号泣。

誰かの心の叫びを代弁するかのような音楽。

その音楽に導かれてみんなに広まっていく優しい気持ち。

 

 

音楽ってすごいな。

 

 

そして、私がおばあちゃんにできなかったことを、

母にはちゃんとできますように。

寂しい気持ちにさせること無く、

しっかりと親孝行ができますように。約束します。






クリックして私を応援してください。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ




音楽と、ポポっと一生のお友達になり、
音楽を通して素晴らしい人生を楽しむことができますように!




«  「大草原の小さな家」ローラパパのヴァイオリンが語ったこと  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.